調剤薬局は病院で診察を受けた後に医師が患者さに薬の処方箋を出します。

その処方箋に基づき、薬剤師の資格を得たものがお薬の調剤を行います。

薬剤師は、患者さんが初めての場合は問診票を作成し、アレルギーや今まで飲んだ薬での副作用の状態や、持病の有無、タバコやお酒を飲んでいるかなど、現在飲んでいる薬の有無などを確認します。

調剤薬局は病院のそばにある場合が多くあります。

調剤薬局では、日本全国どこの病院の処方箋でも調剤することができます。

病院によっては、自宅に一番近い薬局に処方箋をファックスしてくれるので、待ち時間なくお薬を受け取る事ができます。

病院内では、トラブルやミスがおきないように、薬剤師が薬を仕分けて名前などを記載します。

調剤業務や服薬指導を適切に行い管理することで医療事故を未然に防いでいます。

薬剤師はお薬の飲み方や、副作用などを十分に説明してくれます。

副作用の出方や、皮膚の状態や身体の変化について詳しく説明されます。

子供には、子供が飲みやすいように薬用の味付きの甘いゼリーなどを教えてくれます。

お年寄りやお薬の飲みこみの悪い場合であったてもアドバイスしてくれます。

在宅介護の支援もしている調剤薬局

調剤薬局は在宅介護の支援もしています。

寝たきりの方や通院が難しい方は医師の指示がある場合では、患者様の自宅へ直接伺い、お薬の飲み方、薬の管理の仕方などを一緒に考え、色々教えてくれます。

在宅では患者さんとはもちろん、家族とも薬の話から身体の話も確認します。

薬剤師は薬を飲んでいて患者さんがどのように変わったか、副作用がないかなどを医師に報告します。

薬の保管方法では、薬の種類によっては要冷蔵や涼しい場所での保管が必要とされ、薬剤師によって保管方法を説明してくれます。

お薬手帳を無料で作成し、患者さんがどんな場所であっても手帳を見せると、今飲んでいる薬の状態が詳しく記載されているので、遠方や事故にあった場合でも、適切な処置を受ける事ができます。

医師は手帳を見る事で薬の内容を説明できない人の場合でも、飲んでいる薬から病状を推測でき治療を受ける事ができます。

その他、お薬ついての不安を一つづつ相談に乗ってくれます。

ジェネリック医薬品について、これまで有効性や安全性がきちんと実証された新薬と同等と認められたもので比較的低価格な薬です。

ジェネリック医薬品については、問診票を記載するところに希望する場合はチェックをするようになっています。

お薬をジェネリックで希望すると値段を抑えることができます。

[PR]:日本調剤(株) | 新卒採用・会社概要 | マイナビ2018