髪は年を重ねることで弱くなっていくのは当然で、20代と50代が同じ毛量ということはありえません。

しかし、50代ということを考慮しても明らかに少ないというなら、それは薄毛の症状が出ていると考えるべきでしょう。

一般的に年齢相応のボリュームを維持できている以上は薄毛とは呼びません。

年齢を考慮しても明らかに少ないという場合に薄毛と呼ぶのであり、これは目視で大まかに判断することも多いです。

育毛剤は髪を育てるというよりも、髪を減らさないための頭皮ケアグッズと考えてよいでしょう。

発毛剤よりも低刺激のため、毎日の頭皮ケアとして使用することができます。

基本的にどのような育毛剤でも、20歳になれば使用することが可能であり、両親が薄毛という方は20代からケアを始めているケースが多く見られます。

薄毛は遺伝しやすい症状なので、両親が薄毛なら自分ごとだと考えておくべきでしょう。

体質によって毛量は変わってきますから、減らさないように生活改善をすることも重要になってきます。

育毛剤というのは頭皮の美容液に相当するものであり、毛乳頭に栄養を届けて活性化させます。

頭皮サイクルを正常にするのが目的であり、使用を続けることで短い抜け毛が減ってくるのがわかるでしょう。

抜け毛が多いと感じる場合は、すでにヘアサイクルが乱れている可能性がありますが、抜け毛の本数がさほど減っていなくても全体的に細いなら同様に薄毛の可能性があります。

髪を育てるために大切なのは、焦らずに毎日コツコツとケアすることにあります。

ケアを継続することで毛根から髪を強くして、抜けにくい状態に変えてくれるのです。

髪というのは毛根という植物に例えるなら根に相当する部分があり、ここに栄養を送り込むことが育毛の基本となります。

育毛シャンプーには育毛成分はほとんど含まれていませんし、洗髪することで洗い流されてしまいます。

育毛シャンプーにおける育毛とは、育毛環境を整えるという意味なのです。

30代くらいから本格的に身体の老化を実感するようになり、無理ができなくなるのがわかるはずです。

例えば若いころと同じように運動をしようとしても、身体がうまく動かなかったりします。

老化を感じ始めたタイミングというのは薄毛が発症しやすいので、このタイミングで育毛剤を使用するのもよいです。

薄毛対策は若いころから行うほど効果的であり、逆に遅れるほど効果は弱くなり、それまでの間に多くの髪を失うことになります。

●育毛剤で髪が抜けないようにする

育毛剤は今以上に髪が抜けないように予防してくれる医薬部外品の頭皮ケア用品です。

育毛シャンプーよりも育毛効果が高く、毛根まで育毛成分を届けることができるのです。

発毛剤と混同されやすいですが、予防ケアとしての目的が強くなっています。

発毛剤は髪が薄くなってから使用するものですが、育毛剤は薄毛になる前から使用している方もいます。

予防対策に利用できますから、早めにケアをして将来のボリュームを維持してください。

髪は1日50~60本程度は抜けるものであり、これはまったく問題ありません。

しかし、それ以上の本数が継続的に抜けていくと少しずつ薄くなっていきます。

たまに1日100本くらい抜けることがありますが、これ自体はあまり問題ではありません。

注意するべきは100本などと多い本数の抜け毛が継続することで、毎日のように洗髪後の排水口が黒くなるようでは問題があります。

早めに育毛ケアをする必要があり、最初のケアとして育毛剤をおすすめします。

抜け毛が少し増えた程度では、すぐに育毛サロンに行くという人はまずいません。

最初は自分で行えるケアを徹底するはずであり、育毛シャンプーでケアするという方が大半です。

シャンプーを変えて様子を見てみて、それで改善しない場合には育毛剤を使用するというパターンがほとんどでしょう。

髪は1日で完全に薄くなることはありえないので、早めに気づいてケアすれば問題ありません。

薄毛を進行させてしまう要因として、気づかずに放置してしまうことがあります。

または気づいていても、まだ大丈夫とケアを先延ばししている方も見られます。

ケアを先延ばしするほど症状は悪化していくので、あとから回復させるのが難しくなるでしょう。

現在において抜け毛が多いということは、すでに頭皮環境は正常ではありません。

本当に正常な状態であれば、抜け毛は安定しているはずであり、年齢相応のボリュームは維持できているはずです。

年齢を考慮して髪が少ないと感じるようなら、薄毛が始まっていると考えることができます。

そのまま放置しておくと症状が悪化してしまうので、すぐに育毛剤によるケアを始めてください。

ケアが早いほど育毛効果は高くなり、短期間で元に戻すことが可能となります。

好転反応を実感できるまでの期間は個人差がありますが、早くて2週間以上と考えておきましょう。

人によっては6ヶ月くらいはかかるので、6ヶ月は育毛ケアをして様子を見てください。

●育毛剤は頭皮に合ったものを選ぶのが大切

育毛剤には様々な種類がありますが、どれでもいいわけではありません。

コチラ>>育毛剤32本を自腹で比較!男の薄毛におすすめの育毛剤ランキング

頭皮に合ったものを使い続けるのが基本であり、そのためには3ヶ月くらいは使用してみることです。

肌ケアと比べて頭皮ケアは効果が出にくいので、数週間の使用ではわからないことがあります。

一般的に肌のターンオーバーは28日周期ですが、頭皮の変化を実感するにはその2~3倍以上はかかると考えてよいでしょう。

1本使い切るくらいでは効果がわかりにくいので、3ヶ月を目安に継続してみてください。

本当に正しい方法でケアしていれば、3ヶ月で変化を実感できることが多いです。

好転反応としてよく見られるものは皮脂量の変化、抜け毛の減少、髪質の変化などがあります。

皮脂は多すぎても少なすぎてもよくないので、皮脂量を調整するためには育毛シャンプーの使用をおすすめします。

育毛剤を使用して抜け毛が減少しているようなら、間違いなく効果が出ていると考えてよいでしょう。

最もわかりやすい自覚症状は抜け毛の量であり、これは目視で大まかに判断できるからです。

洗髪後に簡単にチェックできるので、抜け毛を見ながら薄毛が改善しているかチェックしていきましょう。

髪質が硬くなってきた場合も効果が出ている証拠なので、そのままケアを続けて問題ありません。

育毛剤は副作用が極めて弱いので、長期連用をしてもまったく問題ありません。

数ヶ月~数年以上のケアに対応しており、すでに同じ育毛剤を10年以上使用しているという方もいます。

髪の量というのは人によって決まっており、本来の本数以上に増えることはありません。

薄毛とは本来の本数よりも髪が大幅に減ってしまう状況であり、30代くらいから自覚する方が多いです。

ある程度年齢を重ねてから薄毛を実感する理由は、頭皮のダメージが蓄積されて自覚症状として発現してくるからです。

若いころから頭皮がダメージを受けていた可能性はありますが、頭皮は意外と丈夫で我慢をしてくれます。

そのためすぐに薄くなることはないですが、ダメージが毎日少しずつ蓄積してくると将来の薄毛となるわけです。

育毛剤は頭皮に栄養と保湿を与えて元気にしてくれるので、本来のボリュームを維持するために使用してください。

副作用が弱いので頭皮状態を問わずに使用できますが、使用後に不快感を覚えたり、ニオイが強烈だったりする場合は、別の商品に変えてみるのもよいです。

とりあえず3ヶ月くらいは使用してから、自分との相性を判断するのがよいでしょう。