家族

1.谷尾和昭さんが考える家族サービスとは?

家族がいれば、家族サービスをすることはよくありますが、そもそも家族サービスとは何かを考えていかなければなりません。
一般的には、旅行に連れていくことや外食に連れていくことなどをいいます。

例えば父親の場合には、ふだん出かけることができない旅行に行くことで、家族を喜ばせることができればそれは立派な家族サービスと言えるでしょう。
これに対して、母親の場合にはふだん作らないような料理などを作ることで家族サービスになる可能性があります。

このように、家族サービスは子供を喜ばせるために行うことが普通ですが大人自身も楽しんで問題ないわけです。
例えば旅行に行く場合などは、いやな思いをしていくよりも家族全員が楽しんでいけるような場所を選ぶことが必要になるでしょう。

それにもかかわらず、なかなかサービスをすることができない大人も少なくありません。
そもそもなぜサービスをすることができないかといえば、その一つの理由はやはりお金と時間がかかるからです。

例えば旅行に行く場合などはただでいくことができるわけではありません。
やはり、旅行に行くにはそれなりのお金をかける必要が出てきます。

2.家族サービスはお金がかかる・・・

どれぐらいのお金がかかるかは、目的地やどれだけの期間旅に出るかによって異なりますが一泊二日でいったとしても\50000ぐらいはかかることも珍しくないでしょう。
もしお金持ちならば、それ位の金は大したことないかもしれませんが、そうでなければそれなりの大きな負担になってしまいます。

一方で、時間も1日以上を家族と一緒に過ごすことになります。
時間に関しては、もったいないといった発想はあまりないかもしれませんが仕事などをやすんでいかなければならないこともあります。

例えば、子供が小学生や中学生ぐらいで学校の休みが土曜日と日曜日しかない場合親も同じ曜日に休めばよいですが平日休みの人の場合には土曜日や日曜日に時間を取らなければならなくなります。

このように考えると、そう頻繁に行うことができないのがサービスになります。
もし、家族に対してのサービスがなくなったとしたらどうなるかといえばやはり家族の関係性が悪くなる可能性があります。

もちろん、災害などが起きておりすぐに出かけられない状態や余裕がない状態も考えられますのでそのようなときには仕方ないと言えるでしょう。
ですが、特別な事情がなければ可能なかぎりサービスをしてあげるべきだと谷尾和昭さんは強く解説しています。

3.子供には楽しい思い出をたくさん作ってほしい

サービスによって得られるものは、子供からすれば楽しい思い出をいることができます。
考えてみれば、多くの子供が子供時代の思い出を思い出す時に日常の思い出を思い出すこともあるかもしれませんが家族で出かけた事を思い出す人も少なくないでしょう。

特に旅行に行った時などは普段と違う環境にいますのでそれだけ思い出に残るものです。
このように考えれば、子供の思い出づくりのために旅行に行くのも悪くはないでしょう。

あるいは、どこかに出かけるだけで何らかの勉強になると考えてみても悪くありません。
これを徹底することで、より家族同士の関係が良くなります。

ただ、子供に対してのものだけではなく夫婦間でのサービスもまた家族サービスといえるかもしれません。
例えば、単価はないようなケーキを買ってきて食べてもらうことやブランド物のバッグなどに興味があればそれを購入するなどの方法もあります。

もちろん日常的に購入していると感動も薄れてきますのでそれこそ何らかの記念日に購入することで良い思い出になるのは間違いありません。
ただ、このようによる方法がありながらながらサービスをすることができないのは気持ち的な余裕がないからでしょう。

男性の場合は、外で働くことが多くなっていますが、会社の仕事に追われてなかなか精神的な自由を得ることができません。
女性の場合も、子育てをしていながら外で働いている場合などは寝る時間がないほど忙しい人も少なくないわけです。

4.ほんの少しの贅沢が家族サービスになる

このように考えれば、いくら身近なものといえどもなかなか行動に移すのは難しいことが理解できるはずです。
ですが、このようなサービスをなしにしてしまうと、非常に味気ない生活が続いてしまうでしょう。

谷尾和昭さんも言ってますが、夫婦の間でもメリハリがなくなり、どこか他人のようになってしまうとしたらそろそろ危険な状態です。
それよりも、どこかで余裕を持ちサービスをする精神を忘れないようにする必要があります。

勿論口で言うのは簡単かもしれませんが、実行することが難しければ実際に毎年何回かを旅行することや毎月外食をすることなどを定めておいた方がよいかもしれません。

予算なども問題になりますがあらかじめ予定を組んでおけばある程度お金をためておくことも可能になります。
一般的な家庭では、外食や旅行などは定期的に行くのが良いですが外食に関しては毎月1回から2回、旅行に関しては年に2回から3回程度が良い回数といえそれ以上になると負担が大きくなってしまう可能性も高いと谷尾和昭さんは注意を促しています。

谷尾和昭さんのプロフィールについて