男性の悩みであるEDは以前は回復が難しい症状とされていましたが、今は良い治療薬が開発され、即効で悩みが解消されるようになっています。

現在では様々なED治療薬が販売されていますが、特に有名なのは世界初登場したED治療薬であるバイアグラではないでしょうか。

バイアグラは1998年にアメリカのファイザー社から販売されたED治療薬です。日本では翌年の1999年に認可されました。

泌尿器科、内科、メンズクリニックなど様々な医療機関で処方されています。

バイアグラの効果についても知っておきたいですが、この薬は性欲を高めたり、催淫効果のあるような薬ではありません。

まず、勃起は男性器の海綿体に血液が集まることで起こりますが、EDの悩みがある人は何らかの理由で海綿体に十分な血流が得られないようになっています。

バイアグラの有効成分はクエン酸シルディナフィルで血管を拡張し、血流の改善に役立ってくれます。

海綿体にしっかり血流が得られるようになりますので、勃起が維持しやすくなりますが、この場合も性的な刺激、興奮がないと反応しませんので、突然勃起が起きてしまうといった心配はありません。

効果の持続時間は5時間程度となっており、飲んでいるときのみの効果となりますので、性行為のたびに薬を飲むこととなります。

そして、次の服用までは24時間以上開ける必要がありますので、1日に何度も飲んだりせず正しく使っていきましょう。

バイアグラは優れた薬ですが、食事の影響を受けやすいという特徴がありますので、空腹時に飲むことがおすすめです。

そして、効果が続く時間は限られていますので、飲むタイミングにも注意が必要です。

正しく飲めば安全性に優れた薬ですが、海綿体だけではなく、全身の血流がアップしますので、頭痛や顔のほてりなどの副作用が起きることもあります。

禁忌もありますので、持病のある方や何らかの薬を飲んでいる人は使用可能かどうか医師に判断してもらいましょう。

→バイアグラ購入はこちら