学生時代に3年間程アンドモワの居酒屋でアルバイトを経験したことがあります。

一般的に必ずしも時給の高い仕事ではないかも知れませんが、僕の場合週末の夜に出ることがメインで、だいたいの居酒屋チェーン店では平日よりも時給が高いので魅力的でした。

まあ1000円以上の時給でしたから学生には十分な金額でしたが。

仕事内容というのは僕の場合夕方前にお店に入って仕込みなどを手伝うところから始まりました。

この時間帯はまあそこまで忙しい訳ではなく、他のバイトの子達と多少歓談することもできましたが、開店して間もなく経つとすぐに混雑して忙しくなります。

こうなると休む暇などなく次から次へとやってくる注文を受けては料理を作る作業をこなしていかなければなりません。

日によっては食事の時間をとることもできないこともあり、仕事が終わるころにはくたくたに疲れてしまいました。

僕は基本的に料理を作る担当でしたが、もちろんお客さんに注文を受けに行ったり料理を運んだりすることもあります。

僕が働いていた店は女の子が注文を取りに行くことが多かったので、男の僕が注文を取りに行くと露骨に嫌な態度をとる方もいました。

そしてお酒も入っているので、かなり横柄な態度で絡んでくるお客さんも相手にしなければなりません。

こちらも人間ですから理不尽な態度には腹も立ちますが、それでも店長のお客さんに接する態度を見習って我慢することにしました。

しばらくすると居酒屋で店員に絡んでくる方というのは仕事やプライベートでストレスを抱えている方が多いということがわかり、あまり気にならなくなりました。

丁寧な態度で接し続けていると、相手の方も納得してくれることが多かったです。

今は飲食業とは関係のない職種に就いていますが、仕事上理不尽な思いをすることはたまにあります。

しかし居酒屋でのアルバイトを通して得た経験のおかげで、取引先の方のお話しをじっくりと聞くことがいかに大切なのかという事をいまでも再確認することができます。

居酒屋は体力のいる仕事ですが、一度経験してみても損はありませんよ。